ウォーリーは英語ではWaldoなんだって

ご訪問ありがとうございます


イタリア家庭料理教室 ココキッチンの岩佐淳子です


気が付けば ハローウィンのは毎年毎年知名度が上がりますね。


一体どんな風に発展するのだろうかこのイベントは!? なんて思いつつ


昨年友達が仮装でおうちパーティーをしていたのが 楽しそうだったのでしてみない?と提案してみて、友達ファミリーと留学生君と友達と一緒に おうちフェスタをしました

留学生君 悔しいくらい何を作っても美味しい。


なんだこれは? と思うほど 今まで食べパエリアで一番おいしいパエリアでした


蛸でお出しとって、チョリソーも入っていたよ。


大人もこどもも マリオ&ルイージ ピカチュウやウォーリー ハリーポッターなど


そうそう、 ウォーリーって 英語ではウォーリーではないってご存知でしたか?


ずっとウォーリ―と伝えても ???な彼に、 画像を見せたら「oh! Waldo! 」と



イギリスでは『Where's Wally?』


北米では『Where's Waldo?』


フランスでは『Where's Charlie?』


呼び名が違うらしいです。

パエリアとともに、サングリアを作ってくれた彼。 娘もお手伝いしました

もう ワイン2本分 ぐびぐびいけるおいしさ!


なんでこんなに美味しいの?と 何回も聞いてみました「料理興味があるから」らしいです。


デザートにブラックココアでケーキを作ったものを食べてもらって、



この日は夫は大阪マラソンを完走したので、 撃沈zzz


私の学生時代 芦屋にあるアシャックというお店でハローウィンの日仮装するとお安くなって~というパーティーがあったのを思い出しました。

仮装はそれぶりね


この先ハローウィンはどんなふうになっていくのだろう???


翌日の月曜日は 友達が予定ありで回れなかったという娘の要望で、 子ども3人ぞろぞろと 八百屋さん、ケーキ屋さん2件を回って 『Trick or Treat』をしてきました



料理教室 イタリア家庭料理教室 “cocokitchen”

西宮・甲子園のイタリア家庭料理教室 “cocokitchen”  (子連れも可 ベビーシッターさん有りの日も設定)の料理教室です。 イタリアのマンマが陽気に楽しく作るような お料理の楽しさ 食べることの喜びを感じていただけるような家庭料理教室です。  家族や大事な人へ 料理を通して日々の感謝や愛情を伝え、小さな幸せを日々積み重ねていきたいなと思っています。

0コメント

  • 1000 / 1000